RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
キム ボムス/Remake Album Again
3集で味を占めた私は
彼の最新アルバムを買ってしまいました。
やっぱりキム・ボムスにはバラードですね。


キム ボムス/Remake Album Again


今回は全編バラードで私好みっ!
とくに4曲目「隠された時間の間で」がお気に入り。
間奏のチェロが切ないです。
5曲目「古い写真みたいに」はジャズ風。
6曲目は「雪が降ってきたよ」はマンボかチャチャチャか、
そういうちょっと哀愁めいたラテンダンス系に仕上がってます。
これがまたいい。
でも南国ムードなのにタイトルは「雪」なんですけどね。

そして10曲目の「I Believe」。
どっかで聴いたことある曲なんですけど。
ソン シギョンも歌ってなかったっけかなー。
というより元々誰の曲なんだろうか。

そもそもこのアルバムに収録されている曲自体、
全てリメイクだった事を忘れてた!
イ・ムンセ、イ・ウンミ、ユン・サン、キム・グァンジン・チョ・グァヌ
という人たちの曲を普段から好きだったらしく、
今回の選曲に至ったらしいので、これは元を聴いてみないとな。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 20:31
comments(1), trackbacks(0)
パリの恋人 オリジナルサウンドトラック
今、地上波でやっているドラマで一番ハマってます。
やっぱり韓国盤を買ってしまいました。
いい曲が揃ってます。

個人的には「幼い恋」
「Moon River(Violin Version)」「嘘」が好きです。

日本盤には主役陣が歌う曲も入っていて2枚組みで
さらに名場面DVD付きなので
韓国盤より割高ですがお得ですね。

パク・シニャンってどんな歌声なんだろー。
ドラマ見終わってから買うかどうか考えよーっと。


パリエ・ヨンイン / パリの恋人 (韓国盤)
パリエ・ヨンイン / パリの恋人 (韓国盤)
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 23:16
comments(2), trackbacks(0)
畠山美由紀/WILD AND GENTLE
一昨年の夏にJ-WAVEで「海が欲しいのに」を聴いてから
なんだかんだで、1年半も経ってしまいましたが
やっと中古でアルバムを見つけたので買いました。

WILD AND GENTLE
畠山美由紀/WILD AND GENTLE

ポート・オブ・ノーツのアルバムも何枚か持ってますが
こんな民族音楽風な歌い方だったかなあと…。
シップビルディングの時は全く感じなかったんですけど。
曲によって使い分けてるみたいですね。

このアルバムでも富田恵一氏が何曲か提供してますが
クレジットを見ないでも一発でわかります!
独特の展開というか、そういうの。
どこかで聴いたことあるようで、どことなく懐かしい。

でもそれが好きだったりします。
特に「海が欲しいのに」は、そうくるか!って感じで
嬉しくなっちゃいます。
(もちろんパーカッションは三沢またろうさんです)

他にも「罌粟(けし)」も切なくて絶品だし、
CHORO CLUBのが提供している「運命の糸」も素敵です。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 15:05
comments(0), trackbacks(1)
Keiji Matsumoto/Live
2004年7月14日と15日におこなわれた
松本圭司ライブ@目黒ブルースアレイの音源です。
やっと手元に届きました。

まさか本当にライブアルバムが出るなんて、
思ってもいませんでした。
出たらいいなとは少なからず期待はありましたが。

ライブはやっぱりその場にいてこそ楽しめるものだし
ライブ音源のCD化やDVD化っていうのは
正直、副産物で稼ごう的な商売の匂いがプンプンで嫌だったんです。

だけどこのCDを目を閉じながら聴いてみると、そんな思いは見事に払拭。
自分があたかもライブハウスにいるような
視線の先にはステージがあって、まさに演奏をしている
そんな臨場感と緊張感と
ミュージシャンそれぞれの息づかいが体験できました。
(笑い声とかも!)

もれなくライブに行ってない人にも疑似体験が味わえるという、
特典付き。
インディーズでこのクオリティって、ちょっとスゴいです。

こればっかりは聴いてみないとわからないので、ニヤリ。

何よりも色んな人の愛がたくさんつまってるCDです。
そのせいか聴いた後は心がほっこりしてきたような…。


Keiji Matsumoto/Live


何度聴いても「Eight Days Free」が好きだなぁ。
何だか一人旅に出てたくなりましよ、このCD。
何故か哀愁も感じてしまいました。
特急電車に揺られながら、窓際にほおづえを付いて
流れる景色を見ながら聴いてみたい一枚です

あ、あとインディーズならではというか
CD裏面の取り扱い注意事項が面白かったです、芸が細かい!感服です。
まいりました…。

そういえば関係ないけど
フジッコのCMで「NAOTO」という表記を見たような・・・。
まさかなー。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 23:37
comments(5), trackbacks(0)
MISIA/SINGER FOR SINGER

MISIA好き!のお子さんをもつママさんからお借りしました。
いやぁ楽曲提供者の顔ぶれ、豪華としかいいようがないです。

私は宮沢和史氏の「君だけがいない世界」「風のない朝 星のない夜」を
いたく気に入ってしまいました。

宮沢さんと言えばボサノヴァ調はお手の物かと思いましたが、
ストリングスがビンビンのバラードも結構いけるんだなと。

もちろん久保田利伸氏の「Holy Hold Me」は良かったです。
アルバムの最初と最後に久保田利伸の楽曲を持ってくるところに
MISIAの久保田好きが伺えるというか、いいなぁ。

SINGER FOR SINGER
SINGER FOR SINGER
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 22:22
comments(0), trackbacks(1)
ゴスペラーズ/G10
まりになりにもファンのはしくれなので
発売日当日に買いに行きましたよ。

正直、選曲がどうかなーと思っていたので
迷ってたんですけども。
世間のイメージはやっぱりバラード=ゴスペラーズだなと。

だから彼らのアゲアゲな曲が好きな私としては
ちょっとつまらないなーなんて。

しかも大抵のアーティストのベスト盤ならば
再録のようなものリアレンジなもの数曲あるでしょう。
全くないから驚きでした。

その代わりといってはなんですが
リマスタリングという方法によって
生まれ変わった曲が数曲ありましたよ。

さすがリマスタリングのためにK氏が
NYまで行った甲斐があったというものです。

「愛の歌」は前奏が変わっていたし、
「熱帯夜」「告白」などのアップテンポな曲は
リズムがはっきりくっきり、「告白」はベース音がはっきりしてました。
これがNYで有名なカッティングエンジニアの
Herb Powersの仕事っぷりかと。
レコードからCDに時代が変わってもすごいんだな、
こういう人は。

というより何故、彼に依頼をしたのか。
雑誌のインタビューとかで語ってるのかしら・・・。

しかしきちんと節目があるところでベスト盤を出したかったと
言っていているところを見ると
いかにLoveNotesが彼らの意志とは裏腹に出さざる終えなかったか。
何はともあれ苦節ん年なので、
少しぐらい天狗になっても
ファンのいる中、空港で女同伴で搭乗手続きを済ませていても
許してやろうかと思えてしまうわけです。



G10(初回仕様限定盤)
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 21:14
comments(0), trackbacks(1)
久保田利伸/Time to share

やっと買いました。
今回のアルバムはAngieStoneが半分近くの曲のプロデュースをしただけあって
完全なクボタ色ではないですが、出来は良いと思います。
だから歌謡曲のようなメロディ先決の曲を期待していた人には
好みがはっきり別れるかもしれません。

ちなみに私は「Living FOR Today」と「Hope You'll BE Well」と
「Voodoo Woman」が好きです。

インタールードもありましたが、
直前の曲の余韻ひきずる流れ的じゃなくて
ばっさりと切り裂くような全く違う雰囲気の方がよかったですね。
アリシア・キースを聴いた後じゃだめですね。

Time To Share

Time To Share


全ての曲の歌詞には必ず「love」が含まれています。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 22:21
comments(0), trackbacks(0)
DA PUMP/疾風乱舞-EPISODE II-
いやぁ参加ミュージシャンがすごいとは聞いてたけど
すごかった。
バンド編成で作られていれる曲だけでもざっとこんなもんです。

ドラムに神保彰、則竹裕之、村石雅行
ギターに天野清継、田中義人
ベースに須藤満
キーボードに松本圭司
サックスに本田雅人
トランペットに佐々木史郎
パーカッションに三沢またろう

…etc

もーね、鼻血がでちゃうよ。変換の際は「じ」じゃなくて「ぢ」ね。
私は特に「Cross Over」がお気に入りです。
かっこいーなーもう。
もうね、この際ダパンプの歌声とか歌詞は二の次ね。
もっとベースきかせろよって感じ。(笑)

疾風乱舞-EPISODE II-(CCCD)(DVD付き)

疾風乱舞-EPISODE II-
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 22:40
comments(0), trackbacks(0)
paris match/♭5
全日空の機内ではaosisレーベルのチャンネルがあって
実はこのアルバムに収録されている半数は
空の上で聞いてしまったのですが
パリスマッチのアルバムは今回も爽やかです。
耳障りなことは一切なく、ボーカルも柔らかく。
好きだなーこの感じ。

(フラット)5
(フラット)5


今回起用されているミュージシャンもaosis系が多いですが
「OLIVE」には則竹さんがドラムで、
「ETERNITY」には竹下さんがベースで参加されています。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 21:06
comments(0), trackbacks(1)
BabyFace/LoveSongs
いつかHMVに立ち寄った際に
ベビーフェイスの声だとわかったんだけど
(しかもかなり若い時の)
初めて聴いた曲でわからなくて、
家に帰ってamazonのサイトで何度も色んなアルバムを
試聴をしてみたんだけど、その時に聴いた曲が出てこなくて
きっぱり諦めちゃって、それからはすっかり忘れたんだけど
今日レンタルショップに行く機会があって
偶然にもベビーフェイスのバラードアルバムがあったから
軽い気持ちで借りてみたんだけど、それがビンゴ!だった

Love Songs

Love Songs


「Lady Lady」という曲なんですけど
私は、最近のアンプラグドなベビーフェイスより
ブラコン全盛期!って感じの打ち込み的な曲が好きです。
だから悲しいかな「The Day」以降のアルバムは持ってないという…。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/邦楽, 21:35
comments(0), trackbacks(0)