RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ゴスペラッツ@国立代々木競技場第一体育館
久しぶりのライブに行ってきました。
メインはゴスペラッツ(ラッツ&スターとゴスペラーズによる期間限定ユニット)ですが、
その他にSkoop on Somebody・ゴスペラーズ・SOYSOULが出たりと
3時間ずっとソウルフルなライブでございました。

Skoopのライブは相変わらずセクシーでエロくて。
だけど曲数が少なかったので、また単独のライブに行こうと決意した次第です。
3人のフリートークがまた聞きたいし聞き耳を立てる

それはそうと、予習をしていかなかったのでラッツの曲が全然わからなく…。
「ハリケーン」「ランナウェイ」「目組のひと」「夢で会えたら」ぐらいだったなぁ。
もうおそいけど、やっぱりCD聴いてみよう。

ゴスペラッツ
ゴスペラッツ
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:37
comments(1), trackbacks(1)
akiko@モーションブルー横浜
一年ぶりのakiko。そしてモーションブルーも1年ぶり。
今回はいつものメンバーと違いました。
akiko(vo)、海野雅威(p)、鈴木良雄(b)、Cecil Monroe(ds)

鈴木さんは昨年夏に行われた東芝のjazzライブで共演された方で
おそらく、それがきっかけで今回参加されたのかと思われます。

バンドメンバーがいつもと違うとやっぱり違和感を覚えると言うか
空気・雰囲気が違うんです。
そういうのってすごく大きいんだなと思いました。

しかも今回はこのライブの模様がCD化されるということで
akikoは若干緊張気味だったし
このライブのためにオリジナル曲をいくつか披露してくれたりして
耳なじみのないものが半分ほどありました。

毎回「Do you know?」が聴けるのを楽しみにしているのですが
今回はピアノが24歳の海野くんとのピアノデュオで。
24歳なのに30歳ぐらいの落ち着きでしたが
まだまだ経験積まないとなーという感じでした。
この曲のレコーディングに参加されている
松本さんの演奏と比べてしまうと、言葉では表現しにくいのですが
単調で色気がなくて、ロマンチックさに欠けていて友人共々ちょっとガッカリ。
もうちょっとピアノで効かせてくれ〜って。
技術以上にそういうのってその人の持っている
感性というか性格的なものがかなり大きいのだということを
改めて思い知らされました。

HIP POP BOP
akiko/HIP POP BOP

その他、知ってる曲では「Blues No.8」「Old Devil Moon」
「Night&Day」を歌ってくれました。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 22:03
comments(0), trackbacks(0)
ワードフライデイ「い」
意味に意思を重ねて言葉を伝えるには?

鴨下信一 × 白石加代子

今年明けて初のワードフライデイ。
久しぶりに公演メニューをみたら面白そうだったので行ってみました。
もちろん白石加代子がお目当てです。

だって「義経」の朗読がすごいんだもの。
これは一目見ておかないとと思って。

白石さんは麻布生まれ麻布育ち。
(25歳まで港区役所職員だったと言うから驚きです)
どうして関西弁がああも流暢にしゃべれるのかと言うと
小さい頃からいろんな地方の方言に興味があったとのこと。
父親のふるさとである五島列島の方言は完璧にマスターしたらしい。

で今回は「百物語」と村上春樹氏の作品をいくつか朗読してくました。
特に村上春樹氏の作品で擬態語と言葉のチョイスが面白いものを。
「ウミガメ」「蚊取り線香」「フリオ・イグレシアス」
あと人の名前を「もしょもしょ」とか言ったりして。
突拍子もなく出てくるそれらに言葉が面白くて、是非読んでみたいです。

夜のくもざる?村上朝日堂短篇小説
村上 春樹&安西 水丸/夜のくもざる 村上朝日堂短篇小説

鴨下さん曰く白石さんは擬態語がお好きだそうで、
こうも擬態語の種類が多いのは日本語だけではないか?
と言うこともおっしゃってました。

しかし白石さんの口をよく見ると、横にとても開くんですよ。
逆に縦にはあまり開かない。東北の方のようでした。
これも訓練の賜物なのか、とにかく充実したひとときでした。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:35
comments(0), trackbacks(0)
ゴスペラーズ坂ツアーG10@ブリザーディウム
6ヶ月ぶりのゴスのライブです。
今回はデビュー10周年ということもあって内容盛りだくさんです。
ベストアルバム以外からも昔の曲をいっぱいやってくれました。
そして、いつもより踊って汗かいてました。

バラードしか歌ってないゴスペラーズしか知らない
ごく一般のテレビ視聴者には想像もつかないことでしょうが
メンバー全員30代に突入しながらも、ダンスは切れが良く
エロい振付けもありつつ、演技だってやるし
意外とさまになってますよ。

聴きたい曲も何曲か聴けたので、すごく楽しかったです!
しかも今回は良席だったので申し分もなし!

落ち気味だったゴス熱も再び上昇しそうです。ははは。
しっかし「東京スヰート」は「ひとり」のカップリングながら
隠れた名曲です。今回もグッときました。

ひとり
ゴスペラーズ/ひとり
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 21:18
comments(0), trackbacks(0)
スターダスト・レビュー AQUAツアー @かつしかシンフォニーヒルズ
行ってきましたスタレビのライブ。
祖母の地元なのでイクッキャないじゃないですか!
いやーめちゃくちゃよかった。
やはり、MCも面白いがやっぱり曲がいい!歌がうまい!

特に「もう一度ハーバーライト」を聴けただけで私は満足です。
私がスタレビに出会った曲であり、
しかも要さんも大切にされている曲だと聞いて、なおさら感激。
今回はアコースティックバージョンで、演奏。
コーラスワークの素晴らしさに改めて感動してしまいました。

もちろんオリジナルバージョンも最高です!

SUPER DONUTS
スターダスト・レビュー/SUPER DONUTS


今回は全然予習をしていかなかったのですが
私が知っている懐かしい曲も何曲かやりました。
「君のすべてが悲しい」「もう一度抱きしめて」
「追憶」「夢伝説」「メビウスの瞳」もやったと思う。
「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」
そして「木蘭の涙」は竹善さんも歌っていますが、
要さんの歌声がさらにせつなさ倍増。
その他「何やってんだろう」とか。
あとタイトルがわからない曲もかなりありましたが、
(とにかく予習不足で反省しております…)
上記の曲はほとんどアルバム「STARS」に収録されてます。

STARS
スターダスト・レビュー/STARS



新しいアルバム曲では「南風吹く丘」がよかった。
もちろん大泉洋とのデュエット作品でもある
「本日のスープ」もスタレビバージョンで披露。

AQUA
スターダスト・レビュー/AQUA


スタレビのメンバーが40代後半なだけあって
ファンの年齢層もかなり高い。
でも1度のツアーで7ヶ月60公演ってすごくないですか?
ノリノリのチューンでは、メンバーも踊ったりするんですよ。
楽器弾きながらコーラスもするんですよ。
それを20年以上もやってるって言うんだから、
まじで、たまげました。あの人たちすごい。
しかも根本さんの声が昔と全然変わってない!
むしろますます味が出てきたと言うか、魅力的になってて
もう腰砕けです。ゴスペラーズとか言ってる場合じゃないことが、
2003年の夏のイベントで気づきました。目じゃないっす。本当に。

月代わりや日替わり(笑)な曲もいくつかあるらしいので
4月までにあと1回は東京都内の公演に行けたらいいなと思ってます。
それまでにもう少し曲を覚えていこうかな。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:26
comments(0), trackbacks(0)
地球一番快適音楽 冬のゴンチチ XOコンサート@オーチャードホール
ゴンチチ
今回も三上さんの突拍子のないトークが面白かった〜。
立ち位置、左がゴンザレス三上さんで、右がチチ松村さんです。
主に三上さんがリードです。

今日はバンド率いてのライブだったのですが、
サポートメンバーとして
羽毛田丈史さんと青柳誠さんが!豪華だわ〜。
もちろん2人だけのアコースティックなコーナーもあり。

今回の演奏曲目はこんな感じでした。

前半と後半に別れた二部構成になっており
新しいアルバム「XO」の曲は後半でご披露。
(暗い中必死にメモを取りましたが抜けてる曲があるかもです。)

〜前半〜

ANOTHER MOOD
UPC
Rainy Day 
見知らぬ人 
約束
誰も知らない
ボリボリ

〜後半〜

ping-pong-song
逃げる男と求める女
Midnight cable car
Land at ALOHA
Wind blow,tree sings
Boy's Song
9つの雫
My Favorite Things
NDD-Night Dizzy Dance
Lovers
B-72

〜アンコール〜
放課後の音楽室
あと1曲忘れた…

XO
ゴンチチ/XO



いやー、映画「世界の中心で愛を叫ぶ」と「誰も知らない」の
楽曲も手がけてらしたなんて、知らなかったので、
最近、テレビやラジオで耳にするギター音色に
「これはゴンチチかな」なーんて耳を傾けている毎日です。

でもゴンチチはそれだけじゃない!
めったにしゃべらない、三上さんの話が面白い。
遅ればせながら「冬ソナ」にハマってしまったそうで
ギターでもピアノでも、テーマ曲をかるーく弾いてました。

そうそう、ライブ前と後にホール内で流れていた曲が
このアルバムに入っているらしいので、ちょっと検討。
開演前に聴いた「TEA FOR TWO」がよかったなぁ。

リゾート +  ミュージック パシフィック・アイランズ
GONTITI選曲/リゾート + ミュージック パシフィック・アイランズ
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:13
comments(0), trackbacks(0)
別冊Jam For Joy Vol.16「忘年会・2004」@南青山マンダラ
毎年恒例となった12月29日の忘年会も無事に終了しました。
今回は特に目玉のアーティストの飛び入りもありませんでしたが
注目のギターデュオ(バークリー出身!!)アコースフィアの演奏と
スーさんのマツケンサンバが見れたので
全て良しとします。
来年はどんなライブになることやら。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:43
comments(0), trackbacks(0)
mooki & keiji X'mas Special@ブルースアレイ
はーい、今年も入ってまいりましたmookiさんのクリスマスライブ。
3年連続の皆勤賞でございます〜!

1stステージはmookiさんと松本さんのデュオ。
途中から宮崎さん登場でトークに拍車がかかる。

17日のライブの時点で英単語を正しい発音で言うってゆーのが
流行っていたのですが、(ex.モーニング娘。とか)
今回もそれを引きずりつつ、mookiさんがしていた大きな腕時計をさして
松本さんが「ワラビッグウォッチ!」と言うあたりからスイッチが入ってしまい
「最近、脳がおかしい」と言い切る松本さん。
「いや、最近じゃなくてここ3〜4年ぐらい前からおかしいんだけど」と言うと
いいタイミングで宮崎さんが「アルツが街にやってくる」と発言。
これにはみんなかなりウケる。
宮崎さん曰くアルツは「目の前スーッと通り過ぎていった」らしい。
で、ライブの進行とは関係のない話ですが
松本さん来年からはポジティブ人間になると宣言。
ネガティバーなんだって。「ネガティバー ザン ユー!」

と、私も笑い過ぎて前半でmookiさんが何を歌ったかあまり記憶がない。
あっ、でも久しぶりに「BrabdNewDay」が聴けました。

そして2stはベース、ドラムを迎えてバンド編成で演奏。
やっぱり「This Christmas」を聴かないと
mookiさんのクリスマスライブに来た感じがしないっ!
他にも今回はたくさんクリスマスの曲をやりました。
「Silent Night」「Blue Christmas」「White Christmas」
「The Christmas Song」など。

そしてラストはやはり「spain」で。
あー、「true peace of mind」が聴けなかったのは残念。

しかし個人的な感想としては
やっぱりmookiさんはバンドでゴージャスな演奏で歌うのがよかったりするわけで。
もちろんアコースティックなものも好きですが、
あのパワフルな歌声にはバンド演奏だと思うんです。
ベースにコモブチさん、ドラムに高田さん、サックスに宮崎さん、ピアノに松本さん
という豪華メンバーの演奏を最初に聴いてしまっただけに
ベースとドラムが違うとこんなにも違うんだっていうぐらい
改めて初期レギューラーバンドメンバーのすごさと
今回の物足りなさを感じてしまった私でした。

耳が肥えるって怖いねー。

次回はフルメンバーで聴けることを期待しつつ、
mookiさんのアルバム発売も楽しみにしています〜


↑mookiさんが今まで出したアルバム。今では手に入りません。
 かくいう私も「true peace of mind」がありません。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:55
comments(0), trackbacks(0)
妹尾 武 Acoustic Piano Night「東京クリスマス」@品川教会グローリア・チャペル
6月以来の妹尾さんコンサート。
今回は教会ということでどんな感じになるんだろうと
ワクワクしていました。
この教会は結構ライブにも使われていて
知る限りでは私の大好きな今井美樹さんや畠山美由紀さんが
公演されています。

この教会はお金かかってるなーって感じで一言で言えば今風なんです。
正面の壁がコンクリートの打ちっぱなしだったりして
そしてサイドの壁は銀座のエルメスビルにも使用されているガラスなんです。

そしてやっぱり天井が高いところというのは
音の抜けが心地よくて、教会ってこともあり昇天しそうでした。

妹尾さんはいつもながらお洒落にキメていて
でもシャイだからちゃんとしゃべれなくて
伝達事項を忘れずに言うために、スタッフに台本を書いてもらったという。
そしてめずらしく、ちょろちょろ関西弁が出ていたのが照れ隠しだったりして。

ステージは前半・後半と別れていて
前半には尺八の藤原道山さん、後半はチェロの古川展生さんが登場。

クリスマスが近いのでクリスマスソングを何曲か演奏。
もちろん「The Christmas」「Have Yourself A Merry Little Christmas」も。
しかも「ホワイトクリスマス」にいたっては、
妹尾さんが弾き語りするというサプライズあり。

とにかく古川さんのチェロは艶っぽくてエロい。
シャツのボタンが上から2つ空いているだけで、そそられてしまいました。
第一印象はライオンって感じ。野性的。

星霜
妹尾武/星霜
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:16
comments(0), trackbacks(0)
松本圭司その4@ブルースアレイ
平日のつもりで行っちゃったんですよ。バカですねぇ。
19時半スタートだと思っていたら18時半スタートだったという。
(こうゆーの思い込み激しいっていうのかな?)

19時半なのにMCが聞こえてる?もう始まってるの?って思ったら
前半あと1曲ってところのMCだったわけです。ふー。

1時間分もったいなかったけど、
スケジュール的に19時半じゃなきゃ間に合わなかったので
精一杯残りの時間を楽しみましたよー。

とりあえず「a Dream in a Daydream」と「Happy Blues」と
「R.P.F.」と「スパモゲッティ」が聴けてので良しとします。(順不同)

アルバム発売楽しみだぁ。
author:hozumix, category:ライブ/トークショー, 23:51
comments(0), trackbacks(1)