RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
今さら冬ソナ
今さらですが、LaLaTVでやっている冬ソナを見ています。
NHKでやっていた時は、それほど興味がなかったのですが、
ユン・ソクホファンとしては見ておかないとという事で。

しかし、今さら感漂う中CDを買う気はなかったので、
友達の母からお借りしてきましたこのCD。
で、何が一番聴きたかったってRyuが歌う「My Memory」ですよ。
私は主題歌より好きです。
カラオケでも歌っちゃったし♪

冬の恋歌(ソナタ) オリジナルサウンドトラック完全盤 ~国内盤~
冬の恋歌(ソナタ) オリジナルサウンドトラック完全盤 ~国内盤~

author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 11:19
comments(0), trackbacks(0)
ソン・シギョン/3集DOUBLE LIFE;THE OTHER SIDE
キム・ボムスのアルバムと一緒に
ソン・シギョン3枚目のアルバムも購入しました。


ソン・シギョン/DOUBLE LIFE; THE OTHER SIDE


ファーストアルバムの傾向と似ていて
バラードばかりではなく、POPあり、ボッサ系あり、
ビックバンド系ありバラエティに富んでいます。
今回も好きな曲がたくさんありました。

そして以前より歌い方が力強くなった気がします。

でもやっぱりピアノバラードが
ソン・シギョンの王道なんだなと思いました。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 13:44
comments(0), trackbacks(0)
キム・ボムス/3集 会いたい
歌唱力に惚れ込んで買ってしまいました。
ご存知「天国の階段」の主題歌を歌っている方です。
サビの部分の高音の伸びが好きです。

このアルバムは2002年に発売されたもので、
ドラマが始まる前に作られてますから、
きっとドラマ関係者が
このアルバムタイトルにもなっていて
1曲目に収録されている「会いたい」という曲を
推薦したのでしょう。


キム・ボムス/会いたい


スローなバラード、ちょっとアップテンポなバラードが得意なようで
2曲目の「バカみたいな私に」3曲目の「これからは」
どぢらも最高です。
4曲目の「愛してる」は少々演歌っぽくてギターが泣かせます。
9曲目の「私から去って」も切ないです。

そして6曲目の「My Delight」は
急に歌い方もコーラスもR&Bっぽくなっちゃって
(BOYZ II MEN風?)
歌の途中で「フー!」とか言い出します。
(8曲目の「ひとり」もそんな感じ)
14曲目はクリスマスソングですが、
クインシーのコンピレーションアルバム
「Q's Jook Joint」で聴いたことあるような風でして、
コーラスはTAKE6仕上がりになってます。
面白いなー本当に。

しかしちょっとアップテンポの曲になると、どんくさくなると言うか。
だめですね。やっぱりバラードが合うんでしょう。

ということで4集のバラードが多く入っているアルバムを
買うかどうか検討中であります。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 15:06
comments(0), trackbacks(0)
ピ(RAIN)/IT'S RAINING
えーあたくしが今一番お熱を上げているヒト。
ピです。
一応、洋楽になるんでしょうか。
(overseaなので)

生まれて初めてK-POPのCDを買いました。
しかも日本盤で特典が盛りだくさんなので
割と高かったのですが、
ポイントがたまってたので1,500円引きで購入!パチパチ〜。
もちろんHMVへ行きましたよ。

DVD・ブックレット・ポストカードも付いてて、
もうウハウハです。

23歳、184cm。魅惑の9等身ボディ。
ベビーフェイスなのに体は鍛え上げられていてセクシー。

IT?'S RAINING
ピ(RAIN)/IT'S RAINING

アルバム自体は韓国のR&Bとでもいうのでしょうか。
プロデューサーのJ.Y.Park氏が
韓国のマイケルといわれているだけあって
「It's Raining」を聴いた時、
'Nsyncのジャスティンを髣髴させる歌い方(息使い)で
ちょっとびっくりしたのですが
韓国のほうがアメリカの影響をモロに受けているというか
取り込み方が日本人より不自然じゃなく巧い。

日本人がマイケルとかジャスティンの真似して
歌ったらすごくヘンだけど
韓国人は英語の発音も綺麗だし、さまになる。

まぁジャスティンよりも声が太くて色っぽいですけど。

と色んな視点から楽しむことが出来るので
K-POPはとても勉強になります。

いずれ韓国に行って
あちらのアーティストの生の演奏を聴いてみたいです。

それにしてもピは踊って歌える人なので
ルームランナーで走りながら歌うなどして
日々ステージを完璧にこなすために鍛えているそうです。
そういうところをジャニーズとか
ヴィジョンファクトリー(旧ライジング)所属の男子ユニットに
プロとしての意識と言うか取り組み方を勉強してもらいたいところです。
口パクはさーやっぱりダメでしょう。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 21:28
comments(0), trackbacks(0)
The Very Best of Daryl Hall & John Oates

時々一緒にHMVへ行くNさんのおススメで
ホール&オーツのベスト盤をお買い上げ。
Nさんはリアルタイムに20歳前後の頃に良く聴いていたようで
アルバムを手に取って懐かしんでいました。

ここんとこ洋楽と言えばずーっとブラック系だったこともあって
なんだか爽快で心地よいです。
もちろん「Kiss On My List」と「Private Eyes」は知っていましたが
なんだか他の曲も初めて聴いたような気がしませんでした。
気づいてないだけだったのかもしれません。

まだどちらの歌声か区別がつきませんけどね。
(2人とも歌ってるんですよね?)
The Very Best of Daryl Hall & John Oates

The Very Best of Daryl Hall & John Oates

author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 20:41
comments(0), trackbacks(0)
Ciara/Goodies
Goodies

Goodies


ソウル姉ちゃんからお借りしました。
声がジェニファー・ロペスっぽくてかわいいです。
まだ18歳なんですって、初々しさがたまりません。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 22:46
comments(0), trackbacks(0)
October Road/James taylor
やーーっと買いましたよ。
ボーナストラック付いてたの買えば良かったと
ちょっぴり後悔してますが。
HMVでamazonより安く買えたので良しとします。

October Road
October Road


で内容ですが、
安心して聴けるというか耳障りなことが全然ない!
(当たり前かもしれませんが…)

「October Road」というだけあって、秋を感じました。
枯れ葉が舞い始めている公園を一人
少し冷たいけれどそれが心地いいぐらいの
すがすがしい風を肩で切って自転車でゆっくり走っているような。

カントリー風な曲があるせいでしょうか。
このアルバムでは透明な空気と風を感じました。

で一番売りの「On The 4th Of July」。
口笛がさわやかで、ハーモニーも最高。
やっぱりコーラスは兄弟でやってました!
初夏の風が駆け抜けています。やっぱり芝が青く眩しい感じですね。
自転車に乗りながら聴きたいです。

ジャズ調の「Mean Old Man」も良かったです。
「Caroline I See You」はインストゥルメンタルかと思うぐらい
前奏が長いですがピアノとストリングスが最高に切ないです。
一番気に入りました。

全曲とおして言えることですが
彼の歌声はとても優しくて、包み込むように。
そしてゆったりとした時の流れを感じます。
子守唄がわりに聴いたらぐっすり眠れそうです。

にしても「Have Yourself A Merry Little Christmas」が入っているとは!
どのアーティストが歌ってもこの曲はいいなぁ。
そろそろクリスマスソングが聴きたくなる季節ですね
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 23:10
comments(0), trackbacks(0)
Alicia Keys/Diary Of Alicia Keys
今年発売されたCDでベスト5に入る勢いで、
ヘビロテ中です。
英語の歌詞は全くわからないですが
日記というだけあって、
その時の気分というか波がうまく表現されていると思います。
幸せそうな曲もあれば、悲しい曲もあり。

何といっても「If I Ain't Got You」につきますが。

そして至る所にピアノの音色が使われていて
それがスパイスだったりします。
「Samsonite Man」「Nobody Not Really」では
アリシア本人がピアノを弾いています。

「You Don't Know My Name」「Wake Up」は
ストリングスが入ることであたたかみが出るというか、粋だね。

あとインタールードがかっこ良かったなと。
本人がRHODESを弾いている「Feeling U, Feeling Me」しびれました。
やっぱりR&B系はいかにインタールードがドラマチックであるかだと
私は思うんですけれども。

そしてTony! Toni! Ton?!と共演している「Diary」の
曲終わりのピアノが好きだったりします。

もう才色兼備とはこのことですね。

Diary of Alicia Keys

Diary of Alicia Keys
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 23:24
comments(0), trackbacks(0)
Maxwell/MAXWELL'S URBAN HANG SUITE
Maxwellのアルバムはこれで2枚目ですが
都会的な匂いがプンプンで実にいいアルバムでした。
「now」よりもこっちの方が好きかも。




私の中では声が甘い方にMaxwellは分類されるのですが
その甘さが際立つのが「…Till The Cops Come Knockin'」
なーんか歌詞のような状況も日本じゃありえないけど、
小沢さーん、とにかく甘ーいみたいな。

がらっと変わって「Whenever Wherever Whatever」では
アコースティックな感じで。ギターとピアノのみです。
Wham!時代のジョージ・マイケルが歌ってそうなメロディラインで。
(実際はジョージ・マイケルの方がコシは強い感じですが)
これまた甘い声がよく似合っていて、切ないです。
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 22:42
comments(0), trackbacks(0)
akiko/Mood Indigo〜Mood Swings
Jazzはオシャレ30:30で開眼した私です。
そう阿川泰子でございます。

akikoのこの2枚のアルバムは、オリジナルもありますが
耳なじみの曲も多いです。
やっと中古でゲットしましたので、さっそく。
(akikoのCDはなんとなく定価で買う気にならない…)

ムード・スウィングス

ムード・スウィングス


「Sophisticated Lady」はデューク・エリントンだし。
このアルバムではライブバージョンで
ピアノを山下洋輔氏が演奏しています。
しかし「Mood Swings」「Before Dawn」は
すごく聴いたことがあるんだけどなーんでだろう。
ライブで聴いただけの理由ではなくて、
どっかの誰かさんの曲に似てるんだろうなぁ。
でも「Before Dawn」好きです。

ムード・インディゴ

ムード・インディゴ


「Mood Indigo」もデューク・エリントンですね。
akikoはデューク・エリントン好きなのでしょうか。
このアルバムの中では
「In The Afternoon」「We Three」が好きですね。

そ・れ・に・し・て・も
コモブチさんのベースは素敵すぎっ!
author:hozumix, category:新しく聴いたCD/洋楽, 16:05
comments(0), trackbacks(1)